碧空の岸辺に咲く想い
doels.exblog.jp

ドールといいます、宜しくお願い致します
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
消え行くまで



やはり君を愛しているよ
時々他の誰かを素敵だと思っても
よそよそしくされても打ち捨てられても
君を愛しいと思ってしまうのだ

この愛はとても愚かで
独善的な想いに溢れ
だからこそ君の言葉を欲している

真実の愛は
すでに隠れてしまった
月の向こう側に
太陽の果てに
手を伸ばしたら
この手さえも傷ついてしまう
君までも傷つけてしまう

だから遠くで見つめているよ
誰よりも素敵な君だから
誰よりも傷つきたくないから

抱きしめたいと想いつつも
此処で心揺らしながら見つめているよ
いつの日か消えてしまうまで
二人の存在が消えてしまうまで




[PR]
by Doels | 2004-11-16 14:29 | 花哀歌