碧空の岸辺に咲く想い
doels.exblog.jp

ドールといいます、宜しくお願い致します
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
風よ君を連れて来い



僕だけを愛そうとする
君の心が見えるよ
君の言葉は此処に届いている

僕が臆病だって?
そうかなそうは思わなかったけれど
君がそう言うのならきっとそうなのだろう

そうだね
君の歌はとても優しい
そんな君に誰も驚きはしないよ
僕もそうだしね

君はいつも僕の前から消えていく
いつも掴まえようとしているんだよ
けれど君はすぐにあの雲のように
僕の元から遠ざかってしまうんだ

僕の愛を感じていたいと言う君
髪を揺らして僕を感じたいと
僕だけを愛したいと
そんな君の心が見えるよ

ああそうだね
僕はいつも君の歌で眠っているよ
僕はいつでも君の愛で眠りにつく

そして
君が僕の夢へと
風に吹かれて忍び込んでくるのを
じっと待っていよう

それまで眠って待っていよう




[PR]
by Doels | 2004-11-21 20:51 | 花哀歌