碧空の岸辺に咲く想い
doels.exblog.jp

ドールといいます、宜しくお願い致します
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
空へ放つ



君が僕を呼んでいる
僕は君を待っている
通り過ぎる汽車を見送って
君が此処まで辿り付くまで

寂しく汽笛は鳴り響き
僕を旅へと誘う
君が来るというのに
僕は寂しさに押し潰されそうで
夜汽車に飛び乗りたい欲求に駆られてる

僕は君になりたかった
君は僕になりたいと思っていた?
僕の記憶が君に流れ
君はきっと混乱したんだね

君は汽笛を聞きながら
僕を想って夢想してるだろう
あの日の風景を窓辺に飾り
僕に手渡したいと思っていた愛を
汽笛に託して空へ放つだろう

それはまるで
君と僕の旅立ちのように
炯々と輝きを放ち
何処までも鳴り響くだろう

君の心に
僕の心に




[PR]
by Doels | 2004-12-07 13:08 | 花哀歌