碧空の岸辺に咲く想い
doels.exblog.jp

ドールといいます、宜しくお願い致します
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
歌ってて


私はいつも泣いているわ
貴方の言う通りだわ
貴方が見つめてくれても
私は泣くしかないの
いいえ
貴方の愛が足りないわけじゃない
私の愛が足りないのだわ
きっとそうなのだわ
だから涙が止まらない

私の身体はいつも冷えている
寒くて寒くてたまらなくて
温かさを求めてさ迷っているの
心を身体を温めてくれる歌を求めて
私は何処までもさ迷っていくわ

貴方がたとえどこに旅立とうと
私はきっと寂しいとは思わないのね
だって貴方の歌は此処に残っている
私の心の中にちゃんと残されているから
だから寂しくはないわ
けれど寒さはどうしようもなく私を襲い
私はたまらなく悲しくなるのよ

だから毎晩泣くんだわ

ねえ歌ってて
傍にいなくてもいいから
ずっと其処で歌ってて
それだけでいいから
それがいいから私は

貴方の歌が聴こえれば
私は貴方が傍にいると感じられる
それこそが私にとっての温かさ

歌ってて
いつまでもいつまでも

歌ってて




[PR]
by doels | 2004-12-29 22:27 | 花哀歌