碧空の岸辺に咲く想い
doels.exblog.jp

ドールといいます、宜しくお願い致します
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
二人だけで


君の寂しさは心にかかり
僕の足を留めさせた
君の気持ちがぼくの足を止めたのだ

世界は多くの想いで満たされて
そのひとつひとつを感じられるのに
如何してだろう
あの瞬間
君と僕の二人だけだったんだ
君の歌声だけが
僕に聴こえてきたんだ
まるで世界には二人だけのような
そんな広々とした感覚が
僕を捕らえて放さない
それは君のせいなのか?

僕は旅人
ただ通り過ぎていくだけ
あの時もそうするつもりだったよ
けれど君が引きとめた
君の歌声が
僕の心を引きとめた

たった二人でいたいと

君に傷つけられても
それでもかまわない
そんな想いに囚われて
前に進めなくなったんだ
これは何だろう
これを愛というのだろうか

僕を想い出にできぬと君は言い
僕を見つめて涙を流すと君は言う

いいだろう
君が望むなら
君と二人きりでこの世界に留まろう
君の愛に応えよう
君に愛される僕に

二人だけで



[PR]
by doels | 2005-01-02 08:15 | 花哀歌