碧空の岸辺に咲く想い
doels.exblog.jp

ドールといいます、宜しくお願い致します
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
夢の道



君と歩く夢の道
君の語る夢の話を聞きながら
僕は夢見心地で歩いているよ

何故かな
君といても寂しさ感じ
優しくもない穏やかでもないこの道で
それでも僕らは微笑んでいる

そうだね
夢の終わりに辿り着くまで
道には様々な石ころが転がっている
それに躓かないように歩くには
優しいだけでは歩けない

けれどこの道が
長く続けばいいと思っているよ
君もそうか?

寂しくても孤独ではない
僕もそうだよ
君さえいれば孤独など感じない

果てなく続く道を歩こう
君と手を取り
何処までも旅したい

君と僕の夢の道は
きっと同じ夢の終わりに続いてる
いつか消え行く道だとしても
僕は歩みを止めないだろう
それは君も同じだね?

寂しいねと呟きながら
僕は君の手を優しく握るよ
だから
僕の手も握り返してほしい
君の温かい手で
握り返してくれ




[PR]
by doels | 2005-01-07 08:43 | 花哀歌