碧空の岸辺に咲く想い
doels.exblog.jp

ドールといいます、宜しくお願い致します
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
眠るがいい



思いのままに君を愛せたら
どんなに幸せだろうと思うよ

愛せないから眠れないのか
愛してしまったから眠りたくないのか
今の僕はよくわからないんだ

朝が僕を手招きしている
だが行けない
僕には朝は似合わない

僕の眠りを願う君
僕こそ君の眠りを祈っているよ
どうか安らかに眠ってほしいと
どんなに僕が願っているか
君にわかるだろうか

そうだよ
僕は寂しい
君も寂しいかい?
そうだよね
みんなが寂しくさ迷っている
僕らだけじゃない
誰もが孤独を抱えてさ迷い歩いている

愛したかったよ
奪いたかったよ
君の全てを僕は欲しがった

僕が君を忘れると?
暗闇に抱かれはしても
君を忘れたことは決してない
涙を流しても
痛みに悶え苦しもうとも

僕は君を忘れるものか

さあ瞼を閉じて
僕が歌ってあげよう
君が眠れるように
歌ってあげるよ

さあ眠れ
僕の夢を見ながら
眠るがいい




[PR]
by doels | 2005-01-09 19:54 | 花哀歌