碧空の岸辺に咲く想い
doels.exblog.jp

ドールといいます、宜しくお願い致します
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
貴方の孤独な魂



貴方が独りだと感じている
その同じ時に
私は独りではないと感じてる
貴方が幻だと知ってると言っている
その同じ時に
私は幻などないと知っていると言うわ

だって私は間違いなく
此処にいるんだもの
それを私は知っているんだもの
貴方がどんなにいないのだと言ったとしても
そして
他の誰かがそれに賛同したとしても
私は知っている
私も貴方も独りではないことを
私も貴方も幻なんかじゃないってことを

私が知っているのだから

そうね
夢は私たちなんかじゃなく
夢は私たちを取り巻く世界なのかも
でも私はこの夢が好きだわ
悪意もあるけど
優しさもある
醜さもあるけれど
美しさもあるから
全てを内包し
そして何かが足りない
そんな混沌に満ちた夢の世界

貴方が交わらないとそう思うだけで
私たちは交わっているの
気づかない?
私は貴方の傍にいるのよ?
それさえも気づかないの?
一緒に旅を続けているのに

この地球の上で
この同じ銀河と宇宙の内で
私たちは一緒なのよ

でも
貴方の描くその孤独が
私はとても好きだわ

とても

貴方の孤独な魂に
私は惹かれているから




[PR]
by doels | 2005-01-31 13:09 | 呟き