碧空の岸辺に咲く想い
doels.exblog.jp

ドールといいます、宜しくお願い致します
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
儚い夢のようなもの



この景色を忘れない

あの日写したこの景色を

夏の一日

とても暑かった日だった

けれどとても楽しくて

けれどすでにもう過去

現実とは何て儚いのだろう

今この瞬間がすぐに過去になってしまう

辛いことも楽しいことも

嬉しいことも悲しいことも

すべてが通り過ぎてしまう

留めておきたいと願うは

無理だとわかっていても

永遠を願ってしまう

この時よ止まれと

西に傾く太陽が

物悲しく弱々しく光を投げかけていた

それを一枚の写真に収め

溜息をついた

何と現実とは儚い夢のようなのだと

儚い夢のようなのだと

何もかもが

とても虚しいのだと




[PR]
by doels | 2006-09-19 00:03 | 呟き