碧空の岸辺に咲く想い
doels.exblog.jp

ドールといいます、宜しくお願い致します
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
2004年 11月 21日 ( 3 )
風よ君を連れて来い



僕だけを愛そうとする
君の心が見えるよ
君の言葉は此処に届いている

僕が臆病だって?
そうかなそうは思わなかったけれど
君がそう言うのならきっとそうなのだろう

そうだね
君の歌はとても優しい
そんな君に誰も驚きはしないよ
僕もそうだしね

君はいつも僕の前から消えていく
いつも掴まえようとしているんだよ
けれど君はすぐにあの雲のように
僕の元から遠ざかってしまうんだ

僕の愛を感じていたいと言う君
髪を揺らして僕を感じたいと
僕だけを愛したいと
そんな君の心が見えるよ

ああそうだね
僕はいつも君の歌で眠っているよ
僕はいつでも君の愛で眠りにつく

そして
君が僕の夢へと
風に吹かれて忍び込んでくるのを
じっと待っていよう

それまで眠って待っていよう




[PR]
by Doels | 2004-11-21 20:51 | 花哀歌
心届けようと



どんなに近くにいても
震えている君を
堪えている君を
夢見ている君を

其処に居なくても
僕は抱き締めている

僕の名を呼ぶ君
僕も寂しいよ
僕も泣いてるよ
僕も逢いたいよ

其処に居なくても
僕を抱き締めてくれ

君を求めてるよ
君がはぐれぬよう
君の哀しみを治すため
君が遠くても

空しさに堪えようとして
心弄び心語り心歌い
其処に居ない僕へと

君は届けようとしている
僕へと心届けようと
今夜も寂しく歌い
そして
語っているのだね




[PR]
by Doels | 2004-11-21 08:04 | 花哀歌
僕の愛の歌が聞こえるか?



耳にそっと触れるように
君の愛が届いたよ

僕しか愛せないと
それにやっと気付いたと
僕に愛されるのを夢見ていると
寂しくて寂しくてしかたないと
君は一人寂しく君を抱く

僕の歌を求めてる
君はそれを求めてる
眠れぬ夜を
一人過ごしたくなくて
君は僕の歌に包まれたがっている

過ぎ行く日々に
確かに愛に包まれた君
その愛は僕ではなかったとしても
今の君は僕の愛の歌を欲しがっているのだ

僕はいつでも此処で歌っているよ
眠りながら歌っているよ
君の夢を見ながら
優しく歌い続けているんだ

ああ聞こえるだろうか
僕の愛の歌が
君のために歌っている
僕の愛の歌を

愛してるよと
囁くように歌っているのを
君の夢にそっと忍ばせて

僕は歌っている




[PR]
by Doels | 2004-11-21 07:51 | 花哀歌