碧空の岸辺に咲く想い
doels.exblog.jp

ドールといいます、宜しくお願い致します
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
2004年 11月 29日 ( 3 )
放したくない



僕に出会わなければ
君は別の人を愛したのだろうか
そんな愚かなことを考える僕は
本当の愛を知らないのかもしれないね

求められるまま
そして
求めるままに
僕らは愛し合ったはず

君に明かせぬ僕がいて
それでも僕は君を放せない

ただの夢
ただの幻
儚く消え行く愛ならば
もう何も考えずに
君を抱いていたい
君が望むなら

いつかこの愛が終わるというのなら
それまでは君という存在を抱きしめて
その瞬間まで愛したい
臆病になって震えている君を
僕のこの手で抱きしめて

もう放さない



[PR]
by Doels | 2004-11-29 22:42 | 花哀歌
君へと愛を飛ばそう



夕暮れの空を見上げながら
僕を愛しているという君を想う
自分の気持ちに自信が持てない
そんないじらしい君を

いつも心に問い掛け
いつも空に問い掛け
君は僕へと君を伝えてくれる
そんな君が愛しくて
僕は待ってしまうのだ

そうだよ
君は僕を愛してるんだよ
そうだよ
僕は君を愛してるんだよ

何も飾らない君だからこそ
何も飾らない僕が君を愛した
寂しくても退屈でも
愛は愛だ
どこにでもありそうな愛でも
愛は愛なんだよ

夕焼け色に染まる空へ
僕は愛を飛ばそう
君の下へと届くよう願いこめて
今日もまた僕は精一杯の気持ちを込めて

君へと

愛を飛ばすよ



[PR]
by Doels | 2004-11-29 22:41 | 花哀歌
言葉に変わる心



貴方だけじゃないわ
あたしも不安に怯えてる
貴方の姿が見えない夜は
とても不安で眠れなくなるの

そうよ

心震わせて身体震わせて
貴方の姿を求めて彷徨っているわ

貴方だけよ
貴方だけがあたしに言葉をくれる
たとえこの道がどこにもたどり着かなくても
あたしは貴方とともに歩き
そして言葉を投げかけているの

それはどうしてと聞かれたら
もちろんそれは愛してるからよと
貴方を愛してるからと答えるでしょう

だからお願い
貴方の心も伝わっているから
あたしを貴方の言葉で包んで
優しく包んでちょうだい
あたしはそれで深く眠るから
貴方の言葉に包まれて
覚めない夢を見続けるから

嘘のない言葉で
どうかあたしを包んで欲しい
貴方の心を言葉に変えて
あたしを永遠に抱きしめて

永遠に言葉で抱きしめて



[PR]
by Doels | 2004-11-29 22:39 | 花哀歌