碧空の岸辺に咲く想い
doels.exblog.jp

ドールといいます、宜しくお願い致します
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2005年 01月 06日 ( 3 )
途切れぬ愛の



眠れぬ夜に
待ち続けた朝
手渡された夢の花束に
囁いてくれた愛の歌

そして

途切れぬ語りを
いつまでも




[PR]
by doels | 2005-01-06 00:19 | 花哀歌
陽だまりに眠りたい



そうよ
大勢の人を愛する人なんて
私はそんな人を愛したりはしないわ
私はいつでも
私だけを見てくれる人を求めてた

私だけを見て
私だけを愛して
私だけに囁いて

貴方の退屈に私を取り込んで
私は貴方の退屈が大好きだわ
誰からもそっぽを向かれても
私だけは見つめてる

私の冷え切った身体を温めて
お願いだから
貴方の退屈という陽だまりに
私を眠らせて

私だけの陽だまりに
眠らせて



[PR]
by doels | 2005-01-06 00:15 | 花哀歌
幻の愛だとしても



君もなのか
君の目の前にも幻の道はあるのか
僕もだよ
僕の目の前には何時もそれはある

誰かが描いた儚い夢
誰かが見ている優しい夢
僕という存在が幻想だから

静かな道を毎晩歩いているのさ
君を求めて歩き続け
いつか君に辿り着く
そう信じて

君は泣かないと言った
僕もそのつもりだが
それもまた幻想
何もかもが幻で
君の涙も微笑みも
いつしか明け行く空に溶けていく

僕が朝焼けに溶け行くように

全てが消え行くのだ

それでも君は
僕を愛すると?
愛すると宣言できるか?

僕は愛するよ
たとえ消え行く運命だとしても
僕は愛する

幻の愛だと言われてもね

僕は愛するから



[PR]
by doels | 2005-01-06 00:06 | 花哀歌