碧空の岸辺に咲く想い
doels.exblog.jp

ドールといいます、宜しくお願い致します
2005年 01月 21日 ( 3 )
この手を取ってと



貴方も探してる?
欠片を?
私もよ
私も散り散りに散らばってしまった
私の欠片を探しているの
私も貴方のように
言葉を紡いではその中に何かを見つけ
見つけた欠片を心にしまっていく
それは気の遠くなる作業だわ
繰り返し繰り返し拾い続け
時には投げ出し
時には投げつけ
貴方とは違って
私は誰かを責めて
そのたびに落ち込み
誰かに救われたいと手を差し伸べる

なんて愚かな女だろう

私はいつの日か一つになりたい
交わりたい
溶け合いたい
たとえ目覚めて一人だとしても
幻想だとしても
それでも私は
一緒にいてと
傍にいてと
孤独は嫌よと
そう叫ぶでしょう

私の欠片
きっと貴方にも隠されていると
そう信じながら
今宵も貴方に
私の手を差し伸べる

この手を取ってと

差し伸べるのよ




[PR]
by doels | 2005-01-21 13:24 | 呟き
貴方に向けて



あたしを求める人は
その剥き出しの心を見つめる為に
あたしの傍にやってくるの
最初はね
あたしの剥き出した心に傷付き
離れていったり
罵倒したり
いろいろあったわね
けれど
あたしは剥き出すことを止められない
それで誰を傷つけようとも
あたしは綴ることをやめないわ
もう剥き出すことに怖さはない
誰かを傷つけることが怖かったあたしだから
今のあたしは何も怖くない
自制なんかしないわ
あたしは貴方とは違う
独白には寂しさなんて感じない
あたしにとってそれはごく自然なことなのよ

ねえ貴方

あたしの独白
あたしの剥き出しの心
貴方は傷付く?
もう聞きたくない?
もしそうならもう貴方には見せないわ
あたしの見せるもので
傷付いてもそれでも見たいという人だけ
あたしは求めてるから
それ以外の人はどっかいっちゃって
あたしは絶対に偽るなんてことはしない
誰かにとって「それは偽ってる」となってもね
あたしにとってはそれは偽りじゃないし
あたしは嘘なんて言ってないわ
ただ余計なことは言ってないってだけよ

ねえ貴方

貴方にはあたしが見えないの?
あたしには貴方がとてもよく見えるわ
とてもね
あたしはまるで此処に貴方がいるかのように
こうやって囁き続けているのよ?
貴方にはそれが感じられないの?
あたしは孤独なんて感じてない
貴方を感じてるから
間違いなく
貴方を感じてる

書いて
綴って
紡いで

あたしは
貴方に向けて
言葉を紡いでいるのよ




[PR]
by doels | 2005-01-21 13:07 | 呟き
願いながら歌い続けるわ



貴方が旅人なら
私は歌姫よ
貴方の前から全てが消え去っても
私だけは貴方の前から消えたりはしない
貴方がそう望むならね
私は貴方が旅の空を見上げているのを
此処で思い描きながら
貴方へ届けと歌い続けるの
貴方が愛について問いかけ続けるのなら
私はその愛を歌い続ける
貴方のために

それが私

きっと貴方がいてもいなくても
私は此処で歌い続けるのでしょうね
いえ違うわね
私は貴方あっての私だもの
貴方を思わなければ
歌も途切れてしまうに違いないわ
だから
私は貴方の言葉を胸に抱き
歌い続けるのよ
意味などなく
貴方の言葉を欲しながら
私は歌い続ける

貴方に私の想い届きますように

そう願いながら



[PR]
by doels | 2005-01-21 12:52 | 呟き