碧空の岸辺に咲く想い
doels.exblog.jp

ドールといいます、宜しくお願い致します
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ:愛( 56 )
其処にいてちょうだい



そうよ

私は此処にいる

貴方は其処にいて

私たちの間には

はるかな空間が広がり

温かなそして時には冷たい風が

びょうびょうと吹き抜けていくの

貴方はどうでもいいと言うけれど

私は違うわ

貴方が其処にいること

そして歌い続けてくれること

それだけが私の望み

私に夢を見させて

私に言葉を紡がせて

儚くてもいい

私に向けられていなくてもいい

それでも貴方の言葉を求めているから

貴方の言葉に恋してるわ

ひとりぼっちの心を抱えていても

そして一人の夜に寂しさ感じても

貴方の幻を朝日の影に見れるのなら

それだけで幸せだと感じられるから

貴方は確かに其処にいると

感じられるから

だから

其処にいてちょうだい

其処に




[PR]
by doels | 2005-02-25 13:30 |
愛してますの文出せば




宵闇に

愛してますの文

差し出せば

哀しいですよと

月が出る




[PR]
by doels | 2005-02-23 11:28 |
この想い届け貴方のもとへ


かつて貴方が贈ってくれた

あの言葉は貴方の心に飾られて

そうね私も飾っているわ

心の一番大切な場所に


誰かの言葉に救われたいと

私はいつも願っていた

そんな時に贈られた貴方からの言葉は

私の頑なな心を打ち砕き

信じることを教えてくれたの

忘れるはずがないわ


貴方を捉える虚しさと

私を包みこむ不安は

二人を逃がしはしないけれど

私は信じてる

信じようと頑張ってるの

いつかあのどうしようもない闇から

抜け出せる日を


ええ私もよ

私も捨て去りはしないわ

今は絶望と焦燥に囚われていても

きっといつかはと信じつつ

私は貴方の愛へと心をゆだねる

その愛ゆえの苦しみで

現世の辛さを振り払うために

私はこの愛にしがみつくのよ

それは貴方と同じ


身動きできなくてもいい

貴方さえいてくれたらそれでいい

貴方の夢に浸りながら

私は日々を生き続けよう


どんなに貴方と離れていても

私の愛は途切れない

貴方の愛が決して横道にそれないのと同じで

私の愛も今も昔もただ一つだけ

貴方だけに


そうして私は今宵も歌い続ける

貴方へ私の想い届くように

届いているとわかっていても

それでも想い届けと

この想い届けと

貴方のもとへ




[PR]
by doels | 2005-02-22 11:13 |
在りのままの君を


そうだよ

君は在りのままでいればいい

そんな君を見つめている

そうだよ

此処にいるのは在りのままの僕だよ

この僕を君は愛したのだろう?

そうか?

何処にも見当たらないのか?

不安に思っているのか?

それをも愛しいと?


そうだね

明日は必ず来るね

僕らは在りのままでいよう

今のままで

二人一緒に眠ろう


僕は在りのままで

在りのままの君を愛してる

何時までも君を

愛してる




[PR]
by doels | 2005-02-21 17:41 |
君の覚めない夢を見つめているよ



君の泣く姿を見つめている

君の切ない恋を見つめている

思い出にできない君の想いを


誰にも見せたくなかったという

その心を

僕は何時までも届けられるのを

此処で待っているよ

必ず届けてくれ

恋が消えてしまわぬうちに


君だけじゃないよ

時計の針を気にしているのは

君の胸の音が此処まで聞こえるよ

僕も寂しくなっていく

君の胸の音は僕の物


夜空の星に祈るなよ

星は君の願いなんか叶えてはくれないよ

何時でも願いを叶えるのはこの僕さ

僕の星座が見えるのか?

本当に?

僕には君の星座が見えないよ

教えてくれよ何処にあるのか

僕こそ毎晩探してる


寂しい夢でもいいと?

覚めない夢かそれもいいね

僕も君が包んでくれるなら

もう二度と覚めなくてもいいとさえ思うよ

見つめているよ

僕は何時でも君を見つめている

君の涙を

君の夢を

君のことを

見つめてる



[PR]
by doels | 2005-02-20 18:00 |
この夜が終わる前に


そうね

二人夢を追いながら歩いていたわ

何を目指していたか

何を成そうとしていたのか

貴方の胸で

そして私の胸で消えようとしていた

あの夢を

もう一度夢見ようと

逃げたかったと言った貴方

大丈夫だよと

冗談だよと

貴方は泣き出した私に

諦めないと言ってくれたわ

貴方はサヨナラが言えなかったと言うけれど

そうじゃないの

言えなかったんじゃなくて

それは言う必要がないと

貴方は知らずにわかっていたのよ

ええ泣いているわ

私はいつも泣いている

微笑みながら泣いているのよ

それをわかる人は何処にもいない

ええ空を見上げているわ

私はいつも見上げている

寂しくて見上げているのよ

それを知っている人は誰もいない

貴方と私の前に果てしなく続く道は

遠くに見える明日へと続いている

ねえお願いよ

ずっと見つめていて

私は此処にいるから

ずっと見つめていて

この夜が終わる前に

私の長い髪に触れて

朝日を一緒に見つめましょう

愛し続けたいと叫んでくれた

貴方の言葉を胸に抱いて

貴方と共に歩いていきたい

明日へと




[PR]
by doels | 2005-02-19 13:24 |
幸せに包まれていれば


貴方は意地悪な人だわ

私の胸を痛めて

けれどそのために

私の心は貴方でいっぱい

いつも貴方のことだけを考えてしまう

ほんと貴方はずるい人

けれど

星になった貴方を

私は何時でも見上げて手を差し伸べてしまうの

貴方に届けと

手を差し伸べて

其処まで駆けていけたら

どんなにいいでしょう

貴方はどんなに優しく

抱き締めてくれるでしょう

私は貴方に抱き締められて

とても安らかに眠れるわ

目覚めた明日が

貴方の祈りのおかげで

きっと希望に満ちた一日になることでしょう

辛いことも悲しいこともきっと耐えられる

そう思えるような気までしてくるのは

貴方のおかげだわ

ええ

何時までも包んでいて

私のことを

幸せに包まれて

私はきっと辛いことにも打ち勝てる

きっと打ち勝てる

貴方が私を愛してくれれば

そして

私も貴方を愛していれば

きっと




[PR]
by doels | 2005-02-18 23:39 |
貴方の笑顔が大好きよ



おやすみを言って

眠りについて

貴方を待っていたけれど

待ちくたびれて

イライラして

もう待てないわと

一人で遊びに出ちゃったわ

夢の世界はとってもキレイで

貴方が先回りしようとしても

きっと辿り着けないわ

ロケット?

あらいやだ

だめよ追いつけないわよ

あたしは彗星に乗って行っちゃうから

ロケットなんかじゃあたしは捕まえられない

愛し足りないの?

そうねあたしもだわ

どんなに愛を囁かれても

あたしは底なし沼のように

貴方の愛を全て飲み込んでしまうの

貴方いつか枯渇しちゃうかもね

そうなってもあたしは貴方が好きよ

貴方の笑顔が大好きよ

貴方が幸せそうに笑って

そして歌っているのが

大好きなの

大好きなのよ




[PR]
by doels | 2005-02-17 21:00 |
風が運んでくる


寒い風が吹く中でも

熱い日光が差す場所でも

私の愛は此処にはないと気付いたわ

冷たいのか温かいのかわからない

そんな私の愛はいったい何処にあるのでしょう

貴方は知っていますか?

私の孤独な愛を

風は貴方を私の愛まで連れて行きますか?

私の愛は其処で微笑んでるのでしょうか

本当に優しく貴方を包んでいるでしょうか

私にはわからない

私も行きたい

雲を超えて貴方の元に

そうね

私の愛もこの空の下

何処かの街で待ち続けているのでしょう

貴方のことを

そして私のことさえも

でも

私はとても寂しい

私の愛は此処にはないから

何処かを彷徨っているから

風が時々運んでくれる

私の愛の調べを

ただ寂しく微笑んで感じるだけ

貴方を寂しく呼ぶように

私も寂しく微笑み

貴方を呼んでいる




[PR]
by doels | 2005-02-15 15:19 |
僕を呼んでくれ



愛しい名前を呼んでいる

僕の愛しいその名前を

呼んで呼んで呼んで

呼び疲れることなく呼び続け

いつか君の元へ辿り着く

空は何処までも青く

月は何処までも妖しく

僕を手招き

必死に歩いていくのだ


歌っているよ

僕は君と歌っている

君が僕を求めるのと同じくらい

僕も君を求めている

君が僕を愛してくれてるように

僕も君を愛している

旅が終わるその時に

僕とともに一緒に眠ろう

二人で見る夢は寂しくても温かい

そんな夢に溺れよう

愛してくれるか?

この僕を愛してくれ

この僕を

そして呼んでくれ

この僕を

僕も呼ぶから

愛しい君を

呼ぶから呼んでくれ




[PR]
by doels | 2005-02-12 19:31 |