「ほっ」と。キャンペーン
碧空の岸辺に咲く想い
doels.exblog.jp

ドールといいます、宜しくお願い致します
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<   2005年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
どうか祈ってて私のために


あなたにわかるだろうか
私の秘めたる想いが
あなたにわかるだろうか
私の秘めたる願いが

きっとあなたにはわからない
そして誰にもわからない

それでも私は想うしかない
それでも私は願うしかない

いつでも身を焦がして届けようとする
その願いも想いも届かないのだから
幻想でしかないのだから
私の願いも想いも
他人にとっては幻でしか

泣いてもどうしようもない想いが
すがってもどうしようもない願いが
私の心を切り刻む

切り刻んで血の涙を
私に流させる
私の元にも優しい風が流れてくることを
どうかあなたよ祈ってて

どうか祈り続けていて



[PR]
by doels | 2005-10-30 14:38 | 呟き
君の結晶



君が好きでした

とてもとても好きでした

過ぎ行く日々に埋もれて

君の姿も声も温かい記憶に包まれて

私の一部となった

君が好きでした

とてもとても好きでした

遠くに響く掛け声も

落ちていく夕日も

吹く風にゆれる白樺も

私と君とを引き裂くものでしかなかった

いいえ違うわね

私も君も幼すぎて

どうしようもなかったのね

君をとても好きでした

とてもとても

私の心で君は結晶となる

空に浮かぶ不思議な結晶に

君の結晶はそこから私を見つめてる

やさしい曲とともに

君はそこから私を見守って

私はいつまでも見上げてるから

とても好きだった君のことを



[PR]
by Doels | 2005-10-25 20:40 | 呟き
今だけは泣かせて


気が付いたときにはすでに遅く

全てが消え去っていた孤独な心

誰をも傷つけずにすむようにと

黙ったままで微笑んでみせて

けれどその笑顔は無機質な人形の笑み

誰の心も動かさず

私の心さえも動かす事はなかった

貴方の為と頑張ってきたけれど

私はもう疲れたわ

今までありがとう

こんな私を気にかけてくれて

誰も聞かない言葉を綴る

誰も見ない微笑を空に投げかける

そして

誰も抱きしめない身体を

己自身で抱きしめて

私はこれからも道なき道を歩きつづける



きっといつか貴方に逢えることを願いつつ

今だけはさようなら

今だけは泣かせて

今だけは




[PR]
by Doels | 2005-10-19 14:55 | 呟き
変わらぬあなたを見つめてる


やさしく語りかけるようなあなたの言葉

静かな雨の朝に静かに口ずさんでみた

あなたはあの頃のまま

やさしく語りかけている

思い出の中の人に向けて

あなたの声

今でも思い出せる

おどけた雰囲気の

陽気な感じ

あなたの声を聞きながら

私はなぜか幼い頃に戻ってた

ああ

こんな声に包まれて

私は眠ってしまいたかった

子供の頃を思い出させる

そんなあなたの声を思い出す

あれは何年前だったか

あなたに逢えなかったのは

何かの予兆だったのかもね

あれから何年経ったのか

今朝の雨のように泣き続けた

そんな日々があったことも

あなたは知らないのね

最後のチャンスも逃してしまい

私はもうあなたと繋がれない

あなたの言葉をただ見つめるだけ

あなたのやさしい言葉を

ただ見つめるだけ

変わらぬあなたを

変わってしまった私が

見つめるだけなの



[PR]
by Doels | 2005-10-15 09:27 | 呟き
ただ見つめて


密かに覗く

溜息をつく

私には入れない

なぜか拒絶されたようで

心がきしきし痛んでる

私はどうすればいい?

すべては余裕のなさからくる

だからただ

見つめるだけ



[PR]
by doels | 2005-10-14 15:58 | 呟き